イデコ加入者数ランキング since 2018/1/1
トップページへ
 ~ご訪問いただき有難うございます。年金コンサルタントが運営するiDeCo情報提供サイトです~
 iDeCo(個人型確定拠出年金)加入ガイド
 個人型確定拠出年金   iDeCo始め方navi
 公務員の方専用のiDeCo情報サイト 
警察官消防士航空レスキュー隊防衛省職員役所職員
(スポンサードリンク)

イデコ「個人型確定拠出年金」の加入者数が多い
運営管理機関(金融機関)リスト一覧(2018年版)
 
 大手金融機関で年金コンサルタントをしています。iDeCo「個人型確定拠出年金」に加入したいけれども、運営管理機関(金融機関)はどこがお薦めかを知りたいと言う声をよく耳にします。
 このページでは、直近(2018年3月単月)のイデコ加入者数を運営管理機関別に掲載していますので、参考にしていただけたらと思います。
 
 イデコ加入者数ランキング

イデコの加入者が多い運営管理機関はどこか?


●加入者数から見る人気運営管理機関(どこを選べば良いかの最も分かりやすい指標となります)
 右記のイデコ加入者数データについて、解説をしたいと思います。
 SBI証券は、イデコ(個人型確定拠出年金)におけるパイオニア的存在で、いち早く運営管理手数料を無料(0円)にするなど、イデコ販売市場を常にリードして来ました。
 その結果として、単月の加入者数(2018年3月分)においても、累計加入者数においても業界トップを走っています。
 2位の楽天は、2016年9月からサービスの提供を開始しましたが、その知名度、手数料の安さ、サービス内容の良さで、トップのSBI証券にあっという間に近づいてきました。
 今現在、上記の2社が両巨頭と言える存在ですが、ここに1社強力なネット証券会社が割り込んできました。
 7位にランクされているマネックス証券がその会社ですが、2017年9月にサービスを開始したにも拘らず、単月で7位に食い込むと言うのは、驚きの結果と言えます。
 何故なら、イデコは2001年から制度が開始しており、市場での運営管理機関の評価は既に固まっているため、新参者の金融機関が上位にランクされるのはとても難しいからです。
  イデコ新規加入者数ランキング
トップ10(2018年3月分実績)
順位 運営管理機関(金融機関)名 加入者数
(新規)
シェア
1 SBI証券 8,943 23.0%
2 楽天証券 6,129 15.8%
3 東京海上日動火災 4,791 12.3%
4 みずほ銀行 2,874 7.4%
5 りそな銀行 2,137 5.5%
6 中央労働金庫 1,693 4.4%
7 マネックス証券 1,049 2.7%
8 九州労働金庫 722 1.9%
9 野村證券 689 1.8%
10 損保ジャパン日本興亜DC証券 622 1.6%
●マネックス証券が躍進した理由
 マネックス証券の加入者が増えている理由は、恐らくその企業姿勢にあると思われます。
 マネックス証券は信託報酬の安いインデックスファンドを商品ラインナップに多く組み入れています(最安値のインデックスファンドも提供)が、運営管理手数料が無料(0円)となった今、食い扶持の源泉である信託報酬を引下げ、これをギリギリまで下げるのは、相当勇気のいることだと思います。これにより加入者は低コストで運用をすることが可能になります。
 また、マネックス証券のイデコ加入者は、ロボアドバイザー「iDeCoポートフォリオ診断」により、自分にとって最適な資産配分を知ることが出来ます。
 最新の金融工学理論を駆使して、加入者の年齢や資産運用に関する考え方に適したポートフォリオ(資産配分)を提案するサービスで、「投資の経験が無い」、「投資信託などの金融商品に関する知識が無い」という人でも安心です。
 商品数が22本と、67本のSBI証券よりもかなり少ないですが、運用商品は20本もあれば問題はありませんので、手数料水準・提供しているサービス内容から見て、業界トップクラスの運営管理機関であると言って問題ないと思います。

●資料請求先「人気ランキングベスト3」とその理由(簡易版)
当サイトからの資料請求数が多い運営管理機関とその理由
第1位…SBI証券
・運営管理手数料は無料 ・提供商品数は66本と最多 ・イデコのパイオニア的存在

 他社に先駆けて手数料を無料にする等、イデコの運営管理機関として常に業界をリードして来ました。単月・累計シェアともに20%を超えており、業界トップを走り続けています。
第1位(同数)… マネックス証券
・運営管理手数料は無料 ・業界最安値のパッシブファンド ・ロボアドバイザーが好評

 「後発ならではのいいとこ取り。手数料、運用商品およびサービスで業界最高と自負するサービス内容」(同社IR情報)の通り、サービス内容は業界トップレベルにあります。
第3位(同数)…楽天証券
・運営管理手数料は無料 ・低コストファンドが充実 ・コールセンターが充実

 ネット証券の累計シェアでは、SBI証券に次ぐ第2位。楽天のサービスポイント付与等で、今も確実に加入者を増やしています。サービス内容も上記2社に劣りません。

※詳細版は、こちらを参照下さい。 ⇒イデコ人気運営管理機関ランキング


(参考)イデコ新規加入者数ランキング11位~30位(2018年3月迄)

運営管理機関
(金融機関)名
加入者数
(新規)
シェア
11 大和証券 499 1.3%
12 日本生命 491 1.3%
13 近畿労働金庫 474 1.2%
14 三井住友銀行 465 1.2%
15 百十四銀行 437 1.1%
16 北陸銀行 417 1.1%
17 百五銀行 321 0.8%
17 静岡県労働金庫 321 0.8%
19 三菱東京UFJ銀行 293 0.8%
20 三井住友海上火災 286 0.7%
 

運営管理機関
(金融機関)名
加入者数
(新規)
シェア
21 ゆうちょ銀行 284 0.7%
22 三井住友信託銀行 279 0.7%
23 東北労働金庫 273 0.7%
23 武蔵野銀行 273 0.7%
25 四国労働金庫 258 0.7%
26 北海道銀行 240 0.6%
27 池田泉州銀行 236 0.6%
28 北國銀行 235 0.6%
29 長野県労働金庫 221 0.6%
30 東海労働金庫 204 0.5%
  総合計 38,860 100.0%
資料請求数の多い運営管理機関(当サイト調べ)
1位SBI証券のiDeCo 1位(同数) マネックス証券  3位楽天証券個人型DC
※請求理由はこちらを参照下さい。複数社の資料を取寄せる方が約85%を占めています。

 人気記事 
リスクを取るかどうかを基準に運営管理機関を選ぶ
SBI証券は何故こんなに支持されているのか? 

(スポンサードリンク)
トップページへ戻る
『ご留意事項』
・当サイトの情報につきましては、あくまで参考情報の一つとして捉えて頂き、実際に運営管理機関(金融機関)を選択される際には、慎重に情報収集をされた上で決定されることをお勧めします。

・運営管理機関を選択する最終的な判断は、皆様自身で行って頂きますようお願いいたします。
・最新の情報を掲載するよう努めますが、詳細は各運営管理機関、役所の窓口にご確認下さい。
・当サイトの掲載団体との間でトラブルが発生した場合において、当方は一切責任を負いません。

・当サイトはリンクフリーです。特に連絡の必要はありません。
・当サイトに関するご意見、ご要望等がございましたら、メールにてお知らせ下さい。

 ※運営管理機関選びに関するご相談はお受けしておりません。ご承知置き下さい。
 ※記事の無断掲載・転載は固くお断りいたします。
-「公務員のためのiDeCo(個人型確定拠出年金)加入ガイド」-
COPYRIGHT (C):iDeCo-navi.com. ALL RIGHTS RESERVED.
コピー禁止